スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - | - |
    Entry: main  << >>
    紫外線や日焼けの防止効果
    0
      紫外線対策商品を購入する時に、指針として用いるものとしてSPFという数字が存在しています。Sはサン、Pはプロテンション、Fはファクターです。それぞれの最初の一文字をつなげたことばで、紫外線防御指数と日本では言い習わしています。日焼け止め効果のあるクリームなどは、SPF10、SPF35といった書き方がされているはずです。 大きな数字が書かれている場合ほど、紫外線から肌を守る時間が長いということになります。夏場に長い時間屋外で何かをしなければならない時は、日焼け止めクリームの中でも特にSPF値が大きなものを選択することが大事です。紫外線対策効果のある商品の性能を示す指標には、SPF意外にはPAがあります。PAはProtection Grade of UVAという用語を省略したものとなります。PAはUV-A波をどの程度防ぐことが出来る商品かです。 UV−A波、UV−B波、そしてUV−C波という3種類の紫外線をそれぞれ別個のものとして考えるものです。UV−Aは主に生活している間に少しずつ肌にダメージを与える紫外線のことです。肌が太陽の光で赤く日焼けする人は、SPF値が高い日焼け止めクリームが適しています。PAが高い日焼け止めは、日焼けによって肌が黒くなる状態を避けることが可能です。SPFもPAも紫外線を防ぐ日焼け止めには欠かせない数値なので、商品を購入する際にはしっかりと確認したほうがいいでしょう。
      | kjugem | 13:15 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | 13:15 | - | - | - | - |

        PR

        Calendar

        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>

        Profile

        Recommend

        Search

        Entry

        Trackback

        Archives

        Link

        Feed

        Others

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        Mobile

        qrcode